愛媛銀行の様々な取り組み

愛媛銀行は普通支店とネット支店で金利や手数料が違います。普通支店の場合は普通預金の金利が0.02パーセント、定期預金はおおむね0.025パーセント以上で、最も高い大口定期預金の金利が1千万円以上10年もので0.2パーセントになります。外貨普通預金はアメリカドル、ユーロどちらも0.02パーセントになります。これらの値は平均的な金利といえます。

ネット支店の四国八十八カ所支店は、普通預金の金利は通常支店と同じです。しかし定期預金になると一番低くても0.32パーセント、一番高くて0.4パーセントになります。しかも四国八十八カ所支店の定期預金は300万円以下か300万円以上という金額上の枠組みしかないため、金利が高くなりやすいです。

愛媛銀行は提携ATMが多いです。愛媛銀行のATMはもちろん、もみじ銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行のATMと提携しています。さらにローソン、ファミリーマート、セブンイレブンなどのコンビニATMも利用でき、これらのATMと銀行ATMとでは利用できる時間に若干の違いがあります。四国の地方銀行(香川銀行・徳島銀行・高知銀行)とも提携しているため、これらのATMも利用できます。

ATMは愛媛銀行のATMとローソンATM、四国の4地方銀行の手数料が一番安く、ほとんど無料になります。次いでゆうちょ銀行、イオン銀行、イーネットATM、セブン銀行などが108円から216円の手数料がかかります。銀行のATM手数料は324円くらいかかることが多いため、愛媛銀行のATM手数料はかなり安い部類といえるでしょう。