香川銀行のお仕事

香川銀行の地域社会への取り組みはベストコミュニティーバンクという事業目標に象徴されています。その内容は地域と密接にコミュニーケションをとって地域の活性化を行うというものです。香川銀行の資金力や事業の規模などに頼らない社員一人一人の行いを重視する傾向にあり、そのため民間レベルの小さな活動が多いです。

香川銀行が行うコミュニティー活動にはたとえば環境保全活動、スポーツによる交流活動、合唱団を介した文化交流、教育相談、海外交流などがあります。このような交流活動は規模の大きな地方銀行だとかえって少ない場合が多いので、第二地方銀行ならではといえます。このような活動によって香川銀行のイメージアップとPR、同時に地域交流の活発化が一度に行われます。

さらに外部から指導者や参加者を募って行うものが多いため、地元の退職者や若い層の労働環境の提供にもなります。香川銀行の人間とは関係ない地域住民同士の交流が行われることによって過疎化を防ぐ手立てにもなります。地方にとって地域の過疎化は死活問題なので、こういう活動で少しでも地域住民を盛り上げる必要があるのです。

第二とはいえ地方銀行として地元の企業に対する融資も積極的に行っています。個人事業主向けのカードローン、ベンチャー企業や創業後まもない中小企業者向けの融資、医療関連事業向けの融資と業種や創業年数によっていくつかに分かれているのも特徴的です。そのためあらゆる事業に対して融資を行うことができ、とくに新たに事業を始める人の利用が多いです。