琉球銀行をもっと知りたい!

昨今はお金の使い道のトップが貯金になるなど、銀行の出番が増えています。利用される銀行ではもちろんメガバンクが人気トップですが、全国各地に点在するその土地の地方銀行も常に一定の人気があります。全国的に店舗を経営するメガバンクやネット銀行に比べて、どうしても経営範囲が限られてしまう地方銀行ですが、最近ではオンラインサービスの発達や投資商品の人気上昇などもあり若い人の注目度が上がっています。

琉球銀行は沖縄県那覇市が本拠地の地方銀行で、長らく同じ地方銀行の沖縄銀行と競い合っています。琉球銀行はそもそも戦後の沖縄経済の立て直しのため特殊銀行として成立されたのが始まりで、現在は普通銀行ですが設立事情の影響で今でも沖縄経済に大きな影響力を持っています。沖縄銀行とともに沖縄県各地の指定金融機関を隔年で受け持っており、そのため公共料金などの支払いのため沖縄県民は琉球銀行か沖縄銀行のいずれかに口座を開く必要があるのです。

そんな背景があって、沖縄県では若い人も琉球銀行に口座を持ちメインバンクとして使っていることが少なくありません。本土に行かない限りはメガバンクなどの口座を持つ必要性が少ないのです。それほど沖縄県民の生活に密着していれば当然、県民が初めて口座を開くのも琉球銀行か沖縄銀行です。人気はほぼ二分している状態ですが、最近ではネットを使った利便性を重視する利用者が増えていることもあって、オンライン整備に力を入れている琉球銀行が評価を上げています。

琉球銀行初心者でも使いやすい商品はたとえば「かりゆし総合口座」です。この商品は普通預金と定期預金がワンセットになった最近人気のタイプで、預金、公共料金の自動支払い、給与や年金の受取り、自動融資、送金という5つの便利な機能を一気に使うことができます。もちろん総合口座とは別に定期預金や貯蓄預金、積立定期預金、財形貯蓄などの商品もあり、総合口座で貯めつつ自由に振り替えることが可能です。