琉球銀行をもっと知りたい!

一昔前は銀行が定時で営業を終了してしまうと、うっかり年末年始や休日など、急な出費が必要な時に焦るというシーンがしばしばありました。でも今時はネットバンキングもATMもあって安心、というわけにもいかないようです。ATMは年中無休でも実際にお金を動かす銀行はきっちり休むので、手続きと実際の取引にタイムラグがでることが多いのです。そのためゴールデンウィーク中は銀行のATMが使えるかどうか、銀行そのものが営業しているかどうかをネットで調べる人が爆発的に増えていました。

ちなみに琉球銀行はゴールデンウィーク中もATMを稼働しており、かなりの人が助かった模様。このように営業日やATMの稼働日程を知っておかないとヒヤッとする場面は多々あるので、支店そのものの営業時間などを調べてから口座を開設するのがオススメです。実際に琉球銀行は沖縄銀行よりも営業時間が1時間長いという理由で選ばれることもあるくらいなのです。

さらに銀行の利用に関してみんなが知りたがっているのは手数料です。各銀行はオンラインサービスに色々違いがあり、とくに手数料や金利が変わることが多いため、額が大きい手数料の違いや額をチェックする人が多いのです。オンラインサービスで手数料が変わらない場合でも、ATMや窓口で取引する度に手数料がかかるため、手数料がいくらか気にする人は多いです。全国的には108円から324円が多いのですが、琉球銀行は多くても216円なので良心的な手数料といえます。

現代ならではの疑問ですが、意外と店舗の場所を知らない人が多いのです。ATMやオンラインでの取引が主流になりつつあるので、実際に店舗に行くとなると地図で迷う人が後を絶たないとか。沖縄県内で迷うならまだマシなほうで、1番問い合わせが多いのは東京支店だそうです。そもそも東京は日本一の大都会ですから、東京支店の最寄駅や細かい地図を検索する人がとても多いです。