小規模でも頑張る日高信用金庫

日高信用金庫は地域密着型金融推進計画を立て、営業地域社会の発展に務めています。地域密着型金融とは営業地域内の利用者と時間をかけて親密な関係を築いた上で、積極的な融資を行い地域活性化を図ることです。日高信用金庫はその地域密着型金融を基本姿勢としており、中小企業に対する融資や各業務の強化を行っています。

一口に中小企業といっても、営業地域内には様々な企業がひしめいています。そのため創業や新事業開拓を目指す企業に対しては、情報や融資の提供だけでなく事業計画書の策定や商談会の開催を行い、経営改善や事業再生が必要な企業に対しては、経営改善計画や事業再生方策の策定などを行っています。このように個々の企業が抱えている重点課題や進捗状況に応じてきめ細かく対応することによって、地域経済がより安定します。

地域密着型金融推進計画によると公共団体や商工会議所、事業団体などと連携して、営業地域の特性や人材を活かした取り組みも行っています。具体的には包括連携協定事業や地方創生といった取り組みのことで、営業地域の特色を活かした事業や政策を協議したり、人材交流や人材育成支援を行うことを指します。様々な団体と協力することで活動内容も広がり、日高信用金庫が単体で取り組むよりも持続的発展を見込むことができます。

地域密着型金融には地域貢献活動も欠かせません。環境問題への取り組みや金融経済教育の推進など、地域社会の健全性維持に向けて様々な活動を行っています。とくに若者に対する金融経済教育は地域住民の金融に関する見識を深めることができ、人材育成にも通じる効果があります。金融知識が普及することで金融犯罪被害や多重債務の減少も期待でき、個人が安定した生活を送れるようになります。具体的な細かい活動内容はディスクロージャー誌や中間報告書でも一部案内されており、ホームページなどで定期的に確認することができます。