個人と法人の商品が充実した青梅信用金庫

余裕資金を資産運用する際には、青梅信用金庫の個人向け定期預金がオススメです。定期預金は店頭表示金利が高く、通常の預金商品よりも利息を多めに受け取れるため、効果的に預金を増やすことができるのです。口座開設時に預入期間を設定するため満期日まで払い戻しができないというデメリットはありますが、逆にしばらく使う予定のない余裕資金の取引には適しています。

青梅信用金庫ではスーパー定期、大口定期預金、期日指定定期預金、変動金利定期預金、定額複利定期預金という5種類の定期預金を取扱っています。これらの定期預金はそれぞれ預入金額や預入期間、金利タイプなどの条件が異なるため、資産運用の計画によって口座開設する商品を選択するとよいでしょう。一方で店頭表示金利はどれも同じなので、高金利の定期預金を利用したいときは期間限定商品である特別金利定期預金を選ぶ他ありません。期間限定商品は一定期間中しか提供されない一方で、通常よりも高い適用金利が適用されるためお得な資産運用が可能です。

定期預金を利用する際は、単利型に比べて効率的に利息が得られる複利型の商品がオススメです。青梅信用金庫の定期預金はほとんどが複利型で運用可能ですが、中でも期日指定定期預金がオススメです。期日指定定期預金は1年間の据置期間を過ぎてから満期日を設定できるのが特徴で、預入中に急にお金が必要になったときにも安心というメリットがあります。ただし300万円未満の金額しか預けられないため、それ以上の金額を預ける際はスーパー定期や大口定期預金、定額複利定期預金などの商品を利用しましょう。

昨今はネット銀行などを中心に短期運用向けの定期預金が人気を集めていますが、預金商品は長く預けるほど利息が多くなるため、基本的には長期運用がオススメです。そのため青梅信用金庫で定期預金を利用する際は、満期日の扱いを自動継続にしておくと便利です。あらかじめ自動継続に手続きしておくと、満期日を迎えたときに同じ条件で再び預入を開始することができ、気軽に長期運用できるのです。