地元を大切にするひまわり信用金庫

ひまわり信用金庫は地域密着型金融を掲げており、営業地域内の個人や中小企業を広く支援しています。たとえば子育て家庭の支援を積極的に行っており、子育て応援パスポート事業を推進しています。子育て応援パスポートとは協賛企業や市町村が協働する取り組みで全国的に行われているものです。子育て応援パスポートを所有していると地元の協賛企業のサービスをお得に利用することができるため広く知られています。

ひまわり信用金庫では、そんな子育て応援パスポートを所有している利用者に対して金利優遇サービスを行っています。具体的には教育ローンの金利引き下げや定期預金の金利上乗せで、教育資金を工面したり資産運用したりする際に役立ちます。ただし子育て世帯でなくなって子育て応援パスポートを失うと、これらの金利優遇サービスも利用できなくなってしまいます。子育て応援パスポートを所有しているうちに積極的に金利優遇サービスを活用しましょう。

ひまわり信用金庫の本店所在地である福島県いわき市は東日本大震災の被災地域なので、復興支援活動も継続的に行っています。被災した中小企業を対象とした支援融資や公的制度の活用など内容は多岐に渡りますが、基本的に金融機関としての役割を活かした経済的な支援が主軸です。これらの活動によって営業地域内の中小企業は積極的な融資を受けることができ、地域経済が活気づくというメリットがあります。

ひまわり信用金庫は個人利用者同士の交流も促進しています。複数のサークルを主催しており、年金受給者や女性会員やゴルフ愛好者や旅行愛好者など条件や趣味が合う利用者が交流できるようになっています。断トツで会員数が多いのは年金受給者専用の年金友の会というサークルで、医療や介護に関する情報提供や交通事故見舞金制度や旅行イベントといった特典があります。